トップ > 勝浦エリア

ダイビングポイント 勝浦エリア

ボートダイビング

ベンテン

本格的なボートポイント。マクロも楽しい。

ベンテン

水中マップ⇒「ベンテンMAP(勝浦ダイビングリゾート)」

ポイント名 アクセス時間 ライセンス 水深 ポイント概要
北の根 港から10分 AOW以上が望ましい 15〜25m メインの根。周囲がドロップオフで囲まれ、白砂の海底へと続いている。根の周りには、ハナタツ、各種ウミウシ、各種ギンポ、甲殻類、ハゼの仲間、時折カエルアンコウも見られたりする。シーズンには、回遊魚、小魚の群れ、時折トビエイ、ウミガメも見られる。カメラ片手にマクロが楽しいポイント。
南の根 北の根から泳いで5分 AOW以上 18〜25m 北の根から白砂を眼下に望ながら、中層を心地よく泳ぐと到着。白砂の砂紋の中に浮かび上がる、こじんまりとした離れ根。北の根同様にマクロも楽しいが、根回りの風景もとても美しい。時折、トビエイ、ウミガメ、ドチザメも見られる。その雰囲気に癒されるポイント。

ご予約はこちら

イソムラ

広大なポイント!。何度潜っても飽きないメインポイント。

イソムラ

水中マップ⇒「イソムラMAP(勝浦ダイビングリゾート)」

ポイント名 アクセス時間 ライセンス 水深 ポイント概要
メインの根 港から15分 AOW以上 18〜35m メインの根。周囲をドロップオフやクレバスで囲まれ、根の上では、マクロが楽しい。時折、回遊魚の大群、大きなヒラマサも現れる。中央クレバスでは、ネコザメ、イタチウオ、マハタ、クエ、イサキやメジナの群れも見応えあり。ダンゴウオをはじめ、マクロから大物まで、生物も豊富。他の根へのハブとして楽しい根。
西の根 メインの根から西のクレバスを越える AOW以上 18〜35m 西のクレバスのエッジでは、流れを受けてホバリングする魚達の群れが見応えあり。さらに西の根の先まで進むと、ホバリングする魚影も増える。真潮が入れば、ワラサやカンパチ、ヒラマサもがみられる確率がたかくなる。後半は流れに乗って、Y字谷や南の根方面へ流すのも楽しい。
北の根 メインの根から北のクレバスを越える AOW以上 17〜30m 北のクレバスでは、ネコザメ、クエ、シーズンにより、レンテンヤッコ、ツノダシ等、様々な生物達が暮す。逆潮が入れば、北の根の東側に魚が集まり、回遊魚に当たる可能性も高い。-25mを超えると様相も少し変わり、キサンゴやコブダイ、キンチャクダイの小群れも現れ他の根とは少し違う雰囲気がまた楽しい。後半は西の根、南の根方面へ向かうのも気持ち良い。
南の根 メインの根から南のクレバスを越える AOW以上 18〜35m 南のクレバスを超えると雰囲気も変わり、根の上が段々と馬の背を降りて行くように深くなってゆく。目の前に現れる風景がダイナミックに流れるような感覚に包まれるとそろそろ南の先端。全体的に深くなるため、エアの管理やノンストップリミットを常に考えながら慎重に楽しもう。

ご予約はこちら

ウマノセ

冬季限定のスーパーポイント。

ウマノセ

水中マップ⇒「ウマノセMAP(勝浦ダイビングリゾート)」

ポイント名 アクセス時間 ライセンス 水深 ポイント概要
メインの根 港から20分 AOW以上 20〜45m 勝浦のポイントの中で一番沖にあるポイント。普段は漁師さんが使用しているため、冬季期間だけ限定で潜ることができる。大型回遊魚遭遇率がNo1!。冬の時期でも魚影が非常に濃く、ワイドが楽しいポイント。でもじつはマクロも豊富な、まさにスーパーポイント。流れが入りやすいので、楽しむには、それなりのスキルが必要。

ご予約はこちら

ビーチダイビング

志村ビーチ

各々のエリアが楽しい。のんびり潜れるビーチ。

志村ビーチ

水中マップ⇒「志村ビーチMAP(勝浦ダイビングリゾート)」

ポイント名 アクセス時間 ライセンス 水深 ポイント概要
イケス 徒歩 ノンダイバー〜全てのダイバー 1.5〜2.5m 養殖場跡のイケス。不思議な空間が迷路のように続き、周囲が壁で囲まれた穏やかな水域。
浅瀬 イケスから泳いで1分〜 ノンダイバー〜全てのダイバー 1〜3.5m 浅場は幼魚達、ギンポ、ウミウシ、ハゼ等。海藻の陰にも沢山の生物達。じっくりと潜るには最適な水域。
東の根 浅瀬から泳いで1分〜 全てのダイバー 3.5〜10m 根沿いに魚や生物達が集まり、海藻回りは魚達の住処。メジナ、タイ、カワハギ、ニザダイ等が群れ泳ぎ、甲殻類やウミウシもじっくり観察できる水域。時々回遊魚が見られたりする。
西の根 浅瀬から泳いで1分〜 全てのダイバー 3.5〜14m 入り組んだ根が魚達の住処となり、ハゼ、スズメダイの仲間、ソギンチャク畑、クリーニングステーション、エイ、ネコザメ等、コース取りにより、色々なダイビングが楽しめる水域。
沖の根 浅瀬から泳いで10分〜 全てのダイバー(ある程度のスキルが必要) 5〜12m 沖にある分、潮通しが良く、魚達のサイズも少し大きい。ゴロタのスロープを降りると白砂の海底が西の根へ続き。浅場の白砂を抜けると東の根へ続く。ドチザメ、エイ、時折カンパチ、ワラサが出ることもある水域。流れが入ったり、視界が良くない時は、それなりのスキルが必要。
中央 浅瀬から泳いで5分〜 全てのダイバー 8〜14m すり鉢状に広がる水域は、訪れる度に色々な表情を見せてくれる水域。ビーチでは最も深い場所で、じっくりと生物探しをしてみると、意外な出会いがあったりする。

ご予約はこちら

▲このページのトップへ